<   2017年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

LOST COMMITMENT 10周年

LOST COMMITMENT気づけば結成から丸10年。
(以下長文、ロスコミの話が中心ですが、自分自身の話を交えながら書いてます)
注意 : 本当長いです。

大学入ってハードコアに熱中することになり、大学2年(19歳)の時に結成したのがLOST COMMITMENTです。

大学入学後の輝かしいキャンパスライフ(各々のイメージがあると思いますが、サークル活動でキャピキャピしているイメージ)を全うするつもりだったんですが、軽音(というかアメリカ民謡研究会(以下、アメ研)という部活)に入りドラムを本格的に初めてからバンドにはまり、大学は全てをバンドに費やしました。今も仕事やりながらバンドばかりですが。

2005年4月、アメ研の新入生歓迎会的なもので「コピバンばっかのライブするから観においで」と言われて行ったライブで繰り広げられた、ハードコアバンドのコピーに心うたれ過ぎて、部活に入る決意をし、ハードコアを聴くきっかけと、バンドをやるきっかけになりました。(先輩がコピーしてたバンドはENDZWECK, BIRTHPLACE, NICE VIEWとかだった記憶が、あとtoeとかも)

※MINOR THREATとかは聴いていたんですが、ハードコアというイメージでは聴いてませんでした。かっこいいパンクバンドという感じ。

※この時toeのコピーでドラムを叩いていたのが、ドラマンデーでおなじみのケンタロスさんです。アメ研の先輩であり、僕がドラムの師匠と呼べる、自分自身のドラムの基礎を作ってくれた方です。

部活に入ってからは、基本同じ学年でバンド作って定期的にライブをすると言うスタイルでしたが、部活だけでなく、ハコのブッキングとかにでることもありました。

アメ研で組んでたバンドはハードコアではないです。名前は伏せますが、数少ない知ってる人はニヤけといてください。気になる人はAudioLeafにページ残ってるんで探してみてください。

ブッキングにでるうちに、それなりにブッキングで何回か一緒になるバンド(KUROBUCHI, TWISTED FLAG,PANDEMONIUM 他)が多くなってきたりして、学年が一緒だったのもあり、各バンド主催のイベントに出たりとかしてました。

そんな中、転換DJがあるイベントでFC FiVEのシャツに反応してくれたのが、当時DJ BRAIN CHILDこと、ボーカルのしょーじです。(誰の企画か忘れました)
お互い同年代にハードコアが好きな友達がいなかったこともあり、即意気投合、しかもタメ。これまでお互い一人でハードコアのライブに行ってて、初めてのハードコア好きな友達だったこともあり、二人でライブ観に行きまくってました。当時はハードコアのライブと言えばHUCKFINNでしたかね、あとはMAG SIDE。

僕はアメ研内でバンドを組んでましたが、バンドはハードコアではなかったこともあり、ハードコアのバンドを組みたいなーと思ってて、mixiに「ハードコアバンド組みたい!」とポストしたところ、即反応してくれたのがしょーじで、「俺ボーカルやりたい、少しギター弾けるし曲作ってみるからやろう」と言ってくれてやろうとなり結成することになりました。ここから2ヶ月後の2006年12月の終わりに、KUROBUCHIのメンバーをサポートにむかえて練習に入りました。(このときのベースは、現ベースのゆうたがサポートとして弾いてくれてました、と思う。)

結成当時はLOST COMMITMENTではなく、違うバンド名だったんですが、僕が「ピンとこないから変えたい」と言って、当時しょーじが聞いていたDA SECTと言うバンドの曲名から取りました。その曲名は "Lost Commitments" でしたが、最後の"s"はなんかダサいってことで、取りました。

f0219498_204276.jpg

ここから、ライブをやっていくことになるんですがブッキングはもちろんながら、個人企画のイベントにも出演させてもらえる機会がありました。当時の個人企画として、一番よくしてもらってたのが、竹山(Dude Collective)の "Answer for life" と言うイベント。なかなか名古屋で観ることが出来ない県外のバンドを名古屋に呼んでイベントしてて、かなりの本数出演させてもらったと思います。ちなみに、竹山はタメ(今年度30歳の年)です。彼の第1回目の企画には、アメ研でやっていたバンドで出演してたこともあり、付き合い結構長いです。ちなみに竹山には、2007年のLOST COMMITMENTのライブで2回くらいギター弾いてくれてます。

ひっそりと僕が作成しているバンドのホームページには過去のライブ全てのってます。(PCでの閲覧推奨)


この時バンドはまだ、僕としょーじ以外はサポートメンバー。当時、魔法のiらんどで作成してたホームページやmixiにメンバー募集を書いてましたが全く音沙汰なし。と思った矢先、2007年7月くらいにギターで入りたいと言ってきた子がいました。二人で「おおー!」と喜んで、連絡取って、初めての顔合せ、練習をしました。この男こそ、現在名古屋で1番と言っていいパーティーボーイ、ひろぼー(a Souless Pain, GOONIES NEVER SAY DIE!!, Sunbeat Studio, ex. HOLY)です。初めて会ったときの印象は、これこそまさに "輝かしいキャンパスライフ" を謳歌しすぎてるオーラまんまんのチャラ過ぎる奴(褒めてる)でした。(この話、ひろぼーの結婚式での乾杯の挨拶でも言いました、もう少しちゃんとした言葉でしたが) ただ、当時からギターまじで上手すぎて、彼の雰囲気も自分達にマッチしてた気がして、ひろぼーもやりたいと言ってくれたのもあり、加入してもらいました。

f0219498_20425881.jpg

とりあえず音源つくるか!ってことで、2007年7月(ひろぼーの加入直前くらい)に無料配布用の音源をレコーディングして、当時しょーじとよく音源を漁っていたMARBLE RECORDS(当時はstiff slackの下にありました)と、JUKEBOXXX RECORDSに持って行き配布してもらった記憶があります。もちろんライブでも配ってました。

f0219498_00100745.jpg

トモアキさん(MARBLE RECORDS, PICTURE MOUSE DESIGN)と、リンスケくん(SHATTERED STONE Vo)と出会ったのは、2006年だった気がします。もちろん出会った場所はMARBLE RECORDSで、配布をお願いした感じだったかと思います。

そこから、月1〜2回のペースでコンスタントにライブすることが出来てました。当時よく一緒に演ってたのは、fragments of clarityで、ハードコアを演るバンドが当時少なく友達も少ないなか貴重な存在でした。(focは全員全然年上で、先輩でしたが仲良くさせてもらってました)

そんな中、当時RAMPAGE GHOSTというバンドでプレイしていたテル(SHARK ETHIC Gt, NO SERENITY Vo)を半強制的にギターで誘ったところ「やりますよー!」と言ってくれて加入になりました。これが2007年9月くらいかなと。ちなみに、RAMPAGE GHOSTはテルとネジ(SHARK ETHIC Gt)が居たバンドてすが、当人に言うと嫌がります、黒歴史のようで無きものになってるみたいです。彼らはこのあとThe Structure Fallsと言うバンドを組んで活動していました。

正式メンバーが4人になって残りはベースのみ。そんな中、当時ベースを弾いてくれていたのは、今はライブカメラマンとして有名になっているヤオタケシ(TWISTED FLAG Ba)です。当時はバンドもやっていて、バンドもカッコ良かったんです。AudioLeafに音源残ってるみたいです。ただ、まだこの時は写真に目覚めてないです、後でその話出てきます。

このメンバーでしばらくライブすることになるんですが、2007年は特に印象に残っている自分達のライブがあって、まずこれ。

f0219498_13432810.jpeg

fragments of clarityの企画で、今では想像出来ないメンツですね。この時エロリンさん(BURNING SIGN Ba, NO DAYS OFF Dr)と初めて話させてもらいました。とにかく、観たいバンドか集まってたライブで、誘ってもらえて本当嬉しかったです。

あとはこれ。

f0219498_13433942.jpeg

CLEAVE / FOR A REASON のスプリットBEANS TOURの名古屋場所。これは本当に今でも鮮明に覚えていて、土肥さん(HOLLOW SUNS Vo/Gt)、ケンゴさん(FOR A REASON Vo, AS WE LET GO Vo)、タクマさん(FOR A REASON Gt)もこの時初めて会って話させてもらって、BEANS TOURは名古屋翌日の大阪、TOUR FINALの東京にも遊びに行きました。ちなみにぶーちゃん(SOUL VICE Gt, ex. FOR A REASON Ba)はこの時ベース弾いてましたが、これより前にRESPOSE TO HATE ELEMENTのベースとして名古屋でLOST COMMITMENTと一緒に演っていて、その時が初対面でした。

※この間、2016年2月13日のFOR A REASONレコ発の名古屋はHOLLOW SUNSも一緒かつ、ハコも上前津ZIONで当時と同じだったので、思い出してエモくなってました。(さんざんSNSで言ってた気がします)

そんな中、2007年のライブは終了していくのですが、2008年1月にALLIANCE TRAX A.T TOURにてTERRORの来日の名古屋場所をサポートさせてもらうことになり、ぶち上がりました。当時まだまだだった僕らをフックアップしてくれたのが、トモアキさん。今でもここがなかったら今の僕らは無いと言えるほど、重要な出来事でした。

※この先、ALLIANCE TRAX A.T TOURに頻繁に出演させていただくことになります。トモアキさん経由で毎度誘っていただけてて、ここがなければ今はないと言える分岐点です。

f0219498_11181105.jpeg

曲もたまってきたと言うことで、2nd demoをレコーディングしました。今回はそれなりに納得がいく音源ができたということで、ディスクユニオン等のデモを置いてくれる店舗にもお願いし、発売する形にしました。自分の音源が東京でも発売されていると言うことで、凄い興奮した覚えがあります。

※ちなみに、2nd demoの曲を1st Albumに再録する話があったんですがなくなりました、理由は後ほど。(僕が再録したいと思っていただけですが)

2008年3月にMILES AWAY / FC FiVEのツアー名古屋場所を最後に、サポートでベースを弾いてくれていたタケシに代わり、現在のベースのユウタ(KUROBUCHI Ba)が加入する形となり、全員正式メンバーとして活動開始することができました。

元々KUROBUCHIと言うバンドでベースを弾いていたユウタでしたが、KUROBUCHIが解散することになり、バンドしかやることがなかったユウタがLOST COMMITMENTに入りたいと言ったのがきっかけだったかと思います。タケシもサポートだったこともあり、全員含めてベースをどうするか話をしていた時に、タケシはライブ写真を撮りたいと言い出しました。彼の写真生活はおそらくこの時点が始まりだったかと思いますが、そう言った流れでベースを交代したという経緯です。

※タケシは気づいたらめちゃくちゃ有名になっていて、現在の国内の大規模フェスではほとんど写真を撮っているのでないかと思います。先日(2016年11月18日)、LOST COMMITMENTのライブ写真を撮りにきてくれましたが、前日は広島で奥田民生のライブで撮影だったとか言ってて、落差変態じゃん(本人も言ってた)、と思いながらも、僕らのことを今だに写真に収めてくれるのはありがたい限りです。

f0219498_13391353.jpeg
(2016年11月18日に撮った写真です)

そこから2008年のA.T TOUR名古屋場所に何回か出演させていただくことが出来て、少しずつではありますがLOST COMMITMENTの名が広がっていった、自分達の基礎となる年になりました。自主企画も2008年に初めて開催しました。

f0219498_00110421.jpg

f0219498_14512403.jpeg

2009年に入り、ペースも変わらずライブを続けて行きました。そんな中、またまた曲が溜まって来たこともあり、それなりにちゃんとした音源作ろっか!ってことで2009年2月に1st mini Albumをレコーディングし、2009年4月のライブ(初move up front)にて発売開始しました。この時のレコーディングは、守山にあるSPLASHと言うスタジオの山口さんに録ってもらいました。出来は上々でしたが、レコーディングの前日に僕がインフルエンザにかかり、(ひろぼーの家に泊まったらかかったので、以降ひろぼーの家に泊まることは禁止)その状態でレコーディングを実施。山口さん含め、メンバーにまで移す結果となり、ただの地獄状態。山口さんは、僕ら以外のレコーディングも多々抱えていた時期で辛すぎたということ。
この音源ではジュンさん(ex. FUGA ELEMENTS Vo, VOMIT MONSTER Vo)とハヤカワさん(ex. SIT UP LATE Vo)にもゲストボーカルで参加してもらい、恐れ多すぎましたが良き音源が完成できました。

※エンジニアの山口さんはこの音源以降、今までの音源を全てお願いしていて、LOST COMMITMENTではかかすことのできない、敏腕エンジニアです。インフルエンザの件は、レコーディングの時に必ず出る話題で、今となっては笑い話かなと。。

僕が大学卒業すると言うのもあり、自主企画で同じくらいの世代のバンドを集めて企画やろう!ということで組んだイベントがこちら。

f0219498_13425937.jpeg

04 Limited Sazabysとか、デモが出てたくらいじゃないかと。今やメジャーバンドで、一緒にやった事があるとか、今思うと凄いなと思います。残念ながら解散したバンドも居ますが、GNSD!!は現役活躍中です。この時出演していたNINJA GLIDEはタケシがベース、LOST COMMITMENTの現在のギター、葉ちゃんがギターのバンドです。

※ここで僕の大学生活が終了します。アメ研から出たバンドで有名なバンドだと、cinema staffの3人がアメ研所属で僕の1つ下の世代です。彼らの曲の中にはアメ研を題材にした曲もあるようです。今はメジャーで活躍してて、頑張って欲しいなと応援してます。

2009年4月に僕が就職、就職先の研修のために3ヶ月間東京へ(住んでたのは藤沢)。ここぞとばかりに、毎週のように開催されてたハードコアのライブに遊びに行ってました。この時新宿にライブ観に行って、(たしか、GRAVE MAKER)新宿のサブウェイで初めて、カイくん(INSIDE Vo, CUT BACK Ba, 当時はANTICIPATION Vo)と、タカシくん(OTUS Ba, INSIDE Ba, 当時はUMBRAGE Gt)と会って話をした記憶があり、ここをきっかけ(?)に後で僕がINSIDEに加入することになります。

名古屋とは若干距離があるものの、大学時代も東京や大阪にライブ観に行っていて、そこまで遠くも感じていなかったのでバンドも止まることなく出来るかなと思ってました。もちろんメンバーもそれを了解してくれてました。

f0219498_20201617.jpeg

研修も終わる7月頃に発表された職場の配属で「中部〇〇部」という部署に配属(第一希望が通った)になり名古屋帰れるかーと思っていたら、まさかの職場は東京という示達。(会社で「中部」とは名古屋の意味で部署名がつけられてた) 仕方ないとのことで、東京残留が決定しました。メンバーにもその旨を伝えて、僕をメンバーとして継続する形で今後活動していくことになりました。ここか名古屋ー東京という今のLOST COMMITMENTのスタイルとなります。(途中、僕は大阪に2年くらいいましたが)

東京に住むことになったなら、何かそれを生かそうと言うことで、とにかくライブに行っては自分がLOST COMMITMENTと言うバンドをやっていることを話したりして、少しでも認知してもらうようにしました。

そんな中、どこのライブでか忘れましたがINSIDEのドラムのサポートを正式に依頼されました。当時Straight Edgeではなかったので、それでもいいのか?と聞くと大丈夫とのことだったので、引受けることに。ちなみにINSIDEの最初のライブ2回はドラムがアキオ(MAKE IT LAST, SOUL DISCHARGE, TRAGIC FILM Dr)でした。アキオもサポートだったみたいです。その時のライブ映像はYouTubeにあがってます。ゆーすけくん(INSIDE Gt, STAND UNITED Vo, CIVIL DEFENSE Gt)は初練習のときに対面でしたが、HAVE HEARTのツアーで名古屋に来てたりしてたんで、一方的に知ってました。

※初めて新宿のサブウェイで会った時にもサポートドラムの打診をされましたが、その時は名古屋に帰れると思っていたので、軽く断った覚えがあります。

LOST COMMITMENTの話から脱線していますが、当時僕が初めてINSIDEのライブでドラムをプレイしたのがこのイベントで、LOST COMMITMENTも出演させてもらいました。

f0219498_11185414.jpeg

この後に、個人企画でENDZWECKのリリースショウを名古屋で実施、一緒にCOUNT OF STRENGTHにも名古屋に来てもらいました。

※ここから6年後、2015年8月22日にSTAND UNITEDのリリースショウとして2回目の個人企画を開催しました。1回目出演のメンバーと一緒にバンドをやっているとは、なかなかの奇跡でこの時の自分に会えるなら、バンド続けてるといい事あるよと伝えてあげたいです。

f0219498_11191319.jpeg

2009年は締めとなります。僕自身、東京でバンドをすることは想像もしてなかったんですが、これを機にたくさんのバンドでの友だちや仲間、先輩が増えていったきっかけになりました。

2010年になり、引き続きライブ活動を継続していきます。ただ、僕自身が東京に住んでいるということがあり、ライブの本数は徐々に少なくなっていきました。(月1本ほどのペースへ)
A.T TOUR名古屋場所のサポートや、自主企画を開催しながらマイペースに活動していく中、ギターのテルがこの年にSHARK ETHICを組みました。もともとバンドをやっていたメンバーで構成されたのもあり、実力は当初から凄かったです。

2010年3月にINSIDEに正式に加入することになり、ドラマーとして正式に2バンド掛け持ち状態となりました。(NO CHOICE IN THIS MATTERのラストショウの時に加入したいって言った気がします)その後、2010年4月A.T TOUR(50 LIONS)の名古屋場所でINSIDE, LOST COMMITMENTでの初2ステージを経験、相当しんどかった気がします。このときのLOST COMMITMENTのライブ、弦楽器のチューニングが明らかにおかしいなと思ってて、後々聞いたら、全部1音下げにしたという事実が発覚して、ライブまともに出来なかった覚えがあります。(ずっと何の曲をやってるかわからない感じでドラムを叩き続けるイメージ)

引き続きライブ活動をしていく中、テルがSHARK ETHICを頑張りたいということで、LOST COMMITMENTを脱退したいと言われました、引き止めたかったのはもちろんですが、承諾しました。幸いにも早めに言ってくれていたこともあり、ギターを探して練習しつつ、ライブ活動止めることなく、活動できました。このタイミングで、ギターとして加入したのが、現在のギターでもある葉ちゃん(ex.NINJA GLIDE)です。

メンバーチェンジ後の初ライブがありましたので貼り付けときます。


2010年はこの5人体制で、このままライブ活動をマイペースに進めていくことになります。そして年も変わり、ライブを続けていく中、2011年の9月にTAKE BACK THE BEERS!(以下、TBTB!)とのスプリットのためのレコーディングを実施しました。スプリットを出すことになった経緯は、僕がmixiで「TBTB!とスプリットを出したい」と言ったことが始まりです。TBTB!も単独作を出す予定等もあり、前々から出そうという話にはなっていましたがタイミングが合わずここまで来て、2012年発売へ向けて動くことになりました。

レコーディングは前作と同じく、スタジオSPLASHの山口さんに録っていただくことに。スプリットということで、何か面白いことをしたいと言うことで、新曲に加えて、お互いのカバーと好きなバンドのカバーを1曲ずつということにしました。僕らはTBTB!の"That's All That Matters"、PENNYWISEの"Fuck Authority"をカバーすることに。たまにライブで演っていたNOFXのカバーもあったんですが、これはフルアルバムの時に取っておこうとのことで外しましたが、永遠にお蔵入りになりました。

バンドのカバーをするとき、ハードコアバンドのカバーと言うよりは、メロディックをやるという謎のコンセプトがあったのと、僕がカバーしたかった曲と言うこともあり、これに決まったという感じです。2011年はそんな感じで終わっていきます。
(このスプリットのレコーディング前にコンピ等へ参加してます。その音源のレコーディングも同じくスタジオSPLASHの山口さんです。)

f0219498_11202168.jpeg
(TBTB!とのスプリットツアーの岡山での写真)

2012年になり、年始に企画をしているフリーライブでTBTB!とのスプリットを先行発売、2012年01月18日に店頭に並べるという形で発売しました。レーベルどうしようという話になり、シローくん(TBTB! Dr/Vo, RIB RECORDS)がやっているRIB RECORDSから発売することにサクッときまりました。スプリットと言うことで、2バンド共で各地にツアーを少ない本数ながら実施しました。この頃、僕の仕事が異常に多忙になり、2月から大阪でのホテル暮らしが始まり、以降2013年12月まで大阪での仕事の状況が続くことになります。

そんな中、2012年4月にスプリットのリリースショウの東京があったんですが、どうしても仕事を休むことが出来ず、シロー君にサポートドラムをお願いしました。今でも悔やみきれませんが、仕方ないと許してくれたTBTB!メンバーとLOST COMMITMENTメンバーには本当ありがたい限りでした。

少し話はINSIDEに。
同じ月2012年04月29日にINSIDEのレコードリリースショウ兼、活動休止ライブを実施しました。僕が大阪で仕事多忙かつ、29連勤明けでのライブだったこともあり、体調最悪(当日も朝一の新幹線で東京移動)な状態でなんとかライブ11曲くらいやりきりました。この時は本当にメンバーに迷惑かけてるなと思いながらも、よく自分やってるなーと思っていました。

※体調最悪な状態でのライブだったこともあり、2016/11/26のライブは万全の状態で観てもらいたかったと言う思いがありました。結果、それなりに自分のドラムも満足いくライブが出来てリベンジできたかなと思ってます。

そんな中、ひろぼーからa Souless Painを頑張りたいからLOST COMMITMENTを脱退したいと言われました。(7月くらいだったと思います)さすがに厳しいと思いながらも、断ることなく承諾しました。(この時、ひろぼーはaSPのヘルプか、加入直後くらい)この出来事は、別で前にブログに書いているんで、そっちを参照してください。


2012年11月に現体制でのラストライブと言うことで企画して、ひろぼーをお見送りしました。ここから、ギターを探そうと言うことで、見つかるまで活動休止という形で発表することにしました。

f0219498_11222783.jpeg

バンドは止まらず活動して来ていたので、初めて数ヶ月ライブしない期間が続くことになりました。アルバムを作成するつもりで元々曲も作っていて、5人(というかギターが2本)でないと出来ない曲ばかりだったのでギターを探す方向で考えていました。ただ、こっちから誰かにお願いするとか、ヘルプとかを探しているわけでなく見つかればいいな、くらいでいました。

話はかわり、2012年はSTAND UNITEDの初ライブの年でもあります。2012年9月にFIRE & ICEのツアーファイナルがSTAND UNITEDにとっての1st showでした。結成の経緯は、2011年の段階で新しいバンドを組むためにゆーすけくんが動いていて、ヤンマーさん(ENDZWECK Gt, ILL COMMUNICATION Vo)と、ベンジーさん(AS WE LET GO Ba, COUNT OF STRENGTH Ba)が既にメンバーとして決まっている状態で、ゆーすけくんが僕をドラムとして誘ってくれました。もちろんOKということで、STAND UNITEDが結成となりました。一方、タカシくんは、ダークでヘビーなのがやりたいということで、別にOTUSを結成することになります。(2012年にOTUSも1st showをしています)

そんなこんなでまた年は変わり、2013年になりしばらく経った頃に、LOST COMMITMENTはもう4人でやろうかと言うことをしょーじが言い出して、「そうするか」と僕が承諾し今の4人で活動することになりました。(LOST COMMITMENTの決断は基本、僕としょーじで全部物事を決めている感じです)ギターが1本となったこともあり、曲は4人用にすべて作り直しとすることに。

ギターが1本になったことで、これまでの既存曲がプレイ出来なくなり(ライブで音源の通りに再現できないため)、アルバム用に再録含めて6〜7曲ありましたが、全部無しにすることにしました。(ちなみに、2nd demoから"Window of hope and desire"、INCLUSIVE inc. のコンピに入れた"From One Step"、あとは先程上に書いたNOFXのカバー + 新曲を入れる予定でした)

2013年8月に4人体制での挨拶がわりの音源として、3rd demoを作成しました。レコーディングは同じくスタジオSPLASHにて。アルバムも手掛けてもらっているので、デモと言いながらもクオリティはかなり高い物に仕上がりました。デモの段階からヨネ(a Soulless Pain Vo)にゲストボーカルをお願いしました。
※アルバムにも同じ曲を入れてますが、すべて録り直ししています。

2013年9月に復活という形で、企画を打ち活動再開しました。(この企画の前にTWIM企画に出演させていただきました)この時点で、たしか6曲くらいは曲があったので、サクッと曲を作ってアルバムを出そうと言う感じになりました。

f0219498_11242214.jpeg

ここからは、曲作りをメインにしながらも、ライブ活動を続けていき、2013年も終わっていきます。

2014年も 引き続き曲を作っていく中、8月にレコーディングをするという予定を決めて、そこに向けて動いていくことにしました。幸いなんとか8月までにイントロ含めて11曲準備でき、レコーディングすることに。録りは4日間、ミックス&マスタリングで1日の計5日間でレコーディングを実施しました。中にはかなり苦戦した曲もありましたが、エンジニア山口さんにも1番良いのができたと言ってもらえて、渾身のアルバムが出来上がりました。ゲストボーカルとして、シローくん、ヨネ、アキラ(RUNS IN BONE MARROW Vo)にお願いし、更に良きものにすることが出来ました。

f0219498_11255789.jpeg

LOST COMMITMENTの曲は全てしょーじが作ってます。僕が少し展開を変えたりすることはありますが、基本頭から曲の最後までギターで作成してもらい、そのデータを僕が聴いてドラムを乗せる。練習で合わせる、と言った具合です。(僕が東京に来てからはずっとこの方法で曲を作ってます)名古屋の3人は定期的に練習に入って曲を覚えると言った感じです。あと、レコーディングは全て1発録りです。(曲の頭から終わりまでをギター、ベース、ドラムで演奏して全部一度に録音する)バラバラに取ることももちろん良いんですが、僕がクリック聴きながらドラムを叩けないのと、ライブ感をだす(ただの言い訳)ために、この方法でずっと録ってます。ただ、ドラムはミスった瞬間にもう1回録り直しになり、何回もやる事になることもあり、地獄でした。

少し月日は戻りますが、2014年3月にSHATTERED STONEに僕が加入することになりました。元々、僕以外のメンバーが先に決まっている状態で、りんすけくんからドラムやってくれと誘いがありました。断る理由もなく、やりたい気持ちもあったので「とりあえずサポートで」くらいの感じで承諾しました。が、練習に入り曲を聴いて、最高に楽しすぎたので、こちらから加入したいとお願いし、入れてもらうことになりました。

その後5月には、タカシくんからOTUSのドラムのサポートを依頼されたので、「2バス叩けないけど大丈夫?」と聞いたら大丈夫とのことだったので、 快く承諾しOTUSのサポートを開始することになりました。この時点でINSIDE入れて5バンド掛け持ち、最高すぎました。

LOST COMMITMENTの1st Albumという形で、2014年11月19日に発売日を決定し、もろもろの準備を整えていきました。特典て何がいいのかなーと思って、いろいろ試行錯誤の結果、お世話になり過ぎているMARBLE RECORDS / NERDSはクージーの特典、タワレコはエアーフレッシュナー(車内とかに掛ける匂いのするやつ)にしました。

主に名古屋だけですが、お店周りとか初めてで、なんかとても嬉しかったです。

f0219498_11273343.jpeg

発売後、リリースショウという形で12月に自主企画を開催し、マイペースながらも各地にツアーに行くことにしました。ありがたいことに、各地でイベントを組んでくれる方々がいて、各地でリリースショウができて嬉しい限りでした。そんなこんなで2014年は終わり、2015年はLOST COMMITMENTのリリースショウを主にライブを演っていくことになります。

2015年に入る前に、ちなみに(と言うかどーでもよい)の話をすると、LOST COMMITMENTのセットリストは僕が全て書いています。(STAND UNITED、SHATTERED STONE、INSIDEもほぼ僕が書いてます)曲の呼び方も僕が決めています。曲名より分かりやすいので、パッと見でわかるように決めています。昔は曲名の頭のアルファベット1文字を書くことが多かったんですが、曲が増えるにつれ、曲名の頭1文字だと被りもでてきてるので、曲の特徴で書いています。

f0219498_14562282.jpeg

2015年はLOST COMMITMENTはライブがメインの年でした。少ないながらもリリースツアーを行い、名古屋に問わずいろいろな所でライブすることができ、充実した年になりました。

個人的な話だと、2015年5月にOTUSにセキノ(OTUS Dr, SCARFACE Dr)が加入することになり、僕のサポートは終了、OTUSのOverglaze EPはレコーディングからセキノのドラムになってます。セキノは僕の2億倍ドラムがうまいので、ヘビーなOTUSにピッタリのドラマーで安心しました。

2015年5月は自分のバンド経験の中で一番しんどい移動があった年でもありました。2015年5月23日にLOST COMMITMENTのリリースショウとして、金沢V4でのライブが決定していました。このライブの決定後にSTAND UNITEDでのRAINFEST(シアトル)への出演オファーがありました。その日程は5月22日〜5月24日と言う日程(pre show 5月21日)であったため、ドラムをヘルプで行って欲しい旨をSTAND UNITEDのみんなに伝えました。ただ、ゆーすけくんから「ゆーすけのドラムで行きたい」と言ってくれた事もあり、5月24日発の直航便のフライトを検索し、出演に間に合いそうな便が見つかったため、最終日での出演で調整してもらい、金沢もシアトルもどっちも出演するというスケジュールとなりました。どこかの交通機関で遅延したら即終了のドキドキ状態でしたが、何とか問題なく全行程を乗り切ることができました。でもこのドキドキ感嫌いじゃない、というかもう好き。この時のスケジュールはこんな感じでした。(だいたいです)
-----
5/22
24:00発 夜行バスで名古屋へ
5/23
6:00に名古屋駅着
8:00に名古屋駅出発(ロスコミ号・車)
12:00に金沢着で海鮮丼と練習とライブ
5/24
2:00に金沢出発
5:30に名古屋到着(ロスコミ号・車)
6:20に名古屋出発(名古屋発の新幹線始発)
8:10に東京駅着からの帰宅
12:00に自宅を出発
14:00に成田空港着チェックイン
16:00に成田空港発
↓時差
5/24
現地時間9:00にシアトル着からのそのままライブ
-----
とりあえず言えることは、最高だってことだし、意外に書いてみるとそんな大変でもない。

2015年7月11日に、渋谷 club asiaで開催されたBLINDSIDEのリリースショウにLOST COMMITMENTで出演したのですが、僕がどうしても抜けられない仕事がありキャンセルする寸前で、ブッチャー(ex. RUNS IN BONE MARROW)がドラムを叩いてくれるとのことで、2回目のドラムヘルプでのライブとなりました。同日、SHATTERED STONEが初台でライブの予定があり、こちらは代打が見つからずライブをキャンセルしました。ここで言うことではないかもですが、本当申し訳なかったです。

2015年8月にSTAND UNITEDのリリースショウを名古屋でやりたかったので、なら自分で企画をやるかと思い、2回目の個人企画を開催しました。当時ドラムを叩いていた自分のバンドSTAND UNITED、SHATTERED STONE、LOST COMMITMENTと3バンド全部出演という欲張りをかましましたが、東京からもたくさん来ていただいたりして、本当に楽しい時間でした。

f0219498_11290489.jpeg

f0219498_11293908.jpeg

2015年9月には、BANE / DOWN TO NOTHINGジャパンツアーの名古屋場所に出演することになりました。僕が東京きてから平日にライブすることがほとんど出来ない状況にも関わらず、ダイキさん(ALLIANCE TRAX)にお誘いいただき、もちろんのこと出演で返事しました。僕の記憶の限りでは、2010年4月の50 LIONS以来のA.T TOURで、また誘っていただけたことにものすごく嬉しい思いでした。

この後、2015年11月にLOST COMMITMENTのリリースショウの関西編ということで、2日間ですがOTUS / FRIENDSHIP / NUMBER NINE / LOST COMMITMENTで京都、大阪の2箇所のツアーを実施しました。LOST COMMITMENTではこんな感じのツアーは過去にもほぼなかったので、かなり楽しかったです。

2015年も終わりを告げようとしていた頃、元々患っていた潰瘍性大腸炎(国の難病認定なんです)の病気が再発(潰瘍性大腸炎では「再燃」という言葉を使う)し、病院に行ったところ、検査前の診断時点で入院が決定、入院生活が始まることに。年末のくそ忙しい時期にも関わらず、本当最悪なタイミングで再燃してしまうことになりました。この病気のことを詳しく知る人、中には居るかもしれませんが、基本治りません。(再燃しない方法は、大腸全摘出のみだそうで、病院行くたびにいまだに怖い思いです)

バンドの話から脱線しすぎてますがもう少しだけ。基本症状は腹痛等なのですが、酷くなると立ち上がれない時もあります。(立ち上がれないほど痛かったので病院にいった)僕の場合は発熱(約39度)もあり、本当に地獄でした。この状態でSHATTERED STONEのライブ(2015年12月12日)をしたのは本当自分でも凄いと思いました。

入院してから断食状態(計24日間くらい)で、高ステロイド剤の投与も途中から再燃して効かず、LCAP(人口透析?血液透析?のイメージで、身体に2本注射して、血液を出して綺麗にして身体に戻す)も試しましたが効きませんでした。現在の治療法の最終手段(らしい)としてレミケードと呼ばれる抗体製剤を投与、速効性がある薬のようで「これが効かなかったら、大腸全摘出しかないからね」とサクッと言われ、祈りが届いたのか、レミケードが効き症状が治まる結果となりました。
※ただ治ったわけではないので、また再燃をしたら手術かと思うと、やっぱり怖いです。

※始めの高ステロイド剤の投与は、8割くらいの確率で効くそうですが、僕は残り2割の部分に入ってしまったようです。あと大腸全摘出になっていたら、ドラムの復帰はできないか、数年後の復帰だったかもです。紙一重のところ回復できて良かったなと。始めは薬が効かなかったこともあり、本当に絶望状態でこの先どうすれば良いのか悩みすぎてた時とかありました。

f0219498_11305850.jpeg

入院が予定よりもかなり長くなりましたが、2016年1月中旬に退院し自宅療養期間を経て、2016年2月から仕事含め社会復帰となりました。入院のため、年始に開催しているフリーライブでの、LOST COMMITMENT、SHATTERED STONEのショウはキャンセル、自分がやっている企画でもあったのでなかなか辛い思いでしたが、幸いにもみんな心配してくれたりとあたたかい言葉をかけてくださったり、嬉しい限りでした。

※現在は通院治療です。

入院中に2016年になり、2016年2月13日の名古屋でのFOR A REASONリリースショウにて、ドラムの復帰戦、体力は全開とはいかなかったけど復帰戦のライブがこのライブで本当によかったと思ってます。上にある2007年のところにも書いてありますが、このライブは2007年の自分たちの初期衝動がよみがえる、最高のメンツでのライブ。本当に最高すぎました。

2015年に1曲新曲できていたんですが、もう少し曲を作るか、という話になりました。誰かとスプリットなんか出来たらいいなーとか言っていたこともあり、2016年に入ってから、とりあえず新しく2曲作ることにしました。ライブの本数は例年に比べてかなり少なかったこともあり、練習も少なかったですがなんとか形にしていきました。

そんな中、トントン拍子でJxFxCとスプリット出そうという話になり、2016年12月にお互いにレコーディングをしました。3曲ずつのスプリットで、LOST COMMITMENTは新曲3曲をぶちこんでます。既にレコーディングは終了しています。
発売日は2月22日(水)を予定していて、しょーじが立ち上げたレーベル[BTF ENT.]からリリースします。

LOST COMMITMENT10周年イベントはJxFxCにも出演してもらいます。時間作って遊びに来てください。新曲もプレイ出来たらと思っています。
----
2017/02/11(sat) 上前津 club ZION
LOST COMMITMENT presents
[beyond the frontier vol.12]

LOST COMMITMENT
JxFxC
a Soulless Pain
VOMIT MONSTER
STIR UP SHIT
ISOLA
SHATTERED STONE

DJ ZAKU, USKN

OPEN / START 17:30 / 18:00
TICKET \1,500(w/o Drink)
----
2017年はJxFxCとのスプリットでのツアーを各所まわって行く予定でして、これまでお互いに行くことが出来なかった土地へも行けたらと思ってます。

>>>>

正直こんなことを書いたところで、何のアピールなのか、書いてどうするんだとか何回も思いましたが記念と言うことで書いてみました。

LOST COMMITMENTの話がもちろんメインですが、僕のことを知っている人が読んでくれていると嬉しい限りです。

LOST COMMITMENTはマイペースにこの先も続けていきます。自分が立ち上げたバンド、バンドが辛いとき(自分がやっているバンドすべてにおいて)もありますが、結成してよかったと心の底から思ってます。バンドで出逢えた仲間がいるからこそ今の自分がいるんだと思っています。もちろん、僕がやっているバンドのメンバーや周りの友だち、先輩が居るからこそ成り立ってると思うので本当にみなさんに感謝しています。そして、ギターを弾いてくれていた、ひろぼーとテルには本当に特別感謝しています。

この先もLOST COMMITMENTが活動していき、自分も病気に負けず、ドラムを続けていることを願って、最後の締めくくりとします。

長文お付き合いありがとうございます。

f0219498_14473819.jpeg

LOST COMMITMENT / 林 裕介

[PR]
by uxsxkxn | 2017-01-10 21:00 | misic